バスパージェネリックお薬の詳細をまとめてみた!

バスパージェネリックというお薬について

バスパージェネリックというお薬について

バスパージェネリックは日本国内では、未承認の薬であるため、病院で処方されることはありません。しかし、個人の責任において個人輸入をすることができますので、個人輸入であれば手に入れることができるお薬です。

デパスは病院で処方される薬で、抗不安薬として使用されています。精神状態を落ち着かせる作用がありますので、パニックや動悸、めまい、不眠症、精神不安などの症状で、よく病院では処方される薬です。

ただ薬の効果も強いため、即効性があり、よく効く半面、反対に副作用もあるので注意しなければならない薬です。特に長く使用していると依存症の問題などもあるため、少し前までは個人輸入ができたお薬ですが、現在は個人輸入が禁じられているため、病院で処方してもらうしかありません。

バスパージェネリックはデパスと効果がよく似ており、同じように抗不安薬として使用することができます。この薬を作っているのはトルコにある大手製薬会社ですので、販売元も信用することができるでしょう。

ただバスパージェネリックは、デパスに比べると、効き目が少し弱いという特徴があります。デパスのような即効性が欲しいという方にとっては、かなり物足りなさを感じるのではないでしょうか。

しかし薬の効き目が緩やかだということは、色々なメリットがあります。それは一気に薬用効果がでると、副作用の面が心配になります。バスパージェネリックは薬の効果が出るまでに時間がかかりますが、穏やかな効果が続きますので、副作用も少なく、安全に使用し続けることができます。

さらに長期間、薬を服用し続けても耐性や依存性などの副作用がありませんので、安心して服用し続けることができるでしょう。

他の精神安定剤を使用して、体調に合わず、気分が悪くなってしまったり、副作用が出てしまった方は、この薬にかえて様子をみてもよいでしょう。

ただデメリットとしては、効果が出るまでに時間がかかり、服用してから1週間から2種間経過しないと効果が現れないということです。バスパージェネリックは、脳内のセロトニンの濃度を高めていくことができます。

もともとあったセロトニンの働きを促進してくれるため、他の抗不安剤とは違い、精神状態を落ち着かせ、不安を取り除くだけではなく、自分の意欲ややる気を高めてくれますので、前向きに物事を進めていくことができるでしょう。

仕事をされている社会人の方も副作用が少ないため、日常生活に影響が出にくいので、この薬を試してみる価値は十分にあります。