バスピンというお薬の詳細をまとめてみた!

バスピンというお薬について

バスピンというお薬について

バスピンという薬は非ベンゾジアゼピン系の精神安定剤です。デパスと効果がよく似ており、デパスの代替薬として使用することができるでしょう。

有効成分はブスピロン塩酸塩で、精神を落ち着かせる作用があります。

たとえば、不安的な要素がまったくない状態で、自律神経や脳などの問題などでめまいが急に起こってしまったり、大量の汗が出てきてしまったり、動悸や緊張を伴う不安障害が起こった場合に、精神を安定させ、こうした症状を改善させていく効果があります。

そのため、海外では不安障害やうつ病、不眠症などの治療薬として使用されています。気になる薬の安全性の方ですが、主要成分のブスピロンはアメリカ食品医薬品局の承認を受けていますので、安全に使用することができます。

また実際にこのブスピロンは様々な医薬品やジェネリック薬品として使用されてきた実績がありますので、問題なく使用することはできるでしょう。

海外ではバスピンは使用しても問題はない薬だとされていますが、残念ながら、日本では認可されていない薬であるため、病院で処方はされていません。

しかしその代わり個人輸入では手に入れることができる薬ですので、薬を手に入れるには、現在の日本では、個人輸入をするしか方法がありません。

しかしその逆のパターンもあります。日本では病院で処方されているにも関わらず、個人輸入が認められている薬があります。それはデパスです。

デパスは、日本で認可されている薬であるため、病院で精神安定剤として使用されています。また精神科以外にも、内科などでもよく処方されています。

しかし個人輸入は、現在の日本では禁じられています。少し前までは個人輸入をすることができたので、精神安定剤として日々、薬を必要としている方は、個人輸入で手に入れることができました。

個人輸入で手に入れた場合、病院で処方された場合と比べると、安く手に入れることができるメリットがあります。そのため、普段からデパスを必要とされている方は、突然、個人輸入で手に入れることができなくなり不合理さを感じているのではないでしょうか。

突然、個人輸入が出来なくなったのには理由があります。それは国が依存性がある薬だと判断したためです。

バスピンは病院で処方されていないのに、個人輸入が出来るということを考えると、こちらもなんとなく不合理さを感じさせますが、これは法律で決められてしまったことなので、仕方がありません。

しかしバスピンはデパスと同じ精神安定剤としての効果がありますので、個人輸入をするのであればバスピンを代替薬として使用された方がよいでしょう。