デパスの代わりに使用できるお薬ってありますか?

デパスの代替え薬は一体何?

デパスの代替え薬は一体何?

デパスは2016年に向精神病薬及び麻薬取締法で、厳しい制限を受ける薬物となり、個人輸入は不可能になってしまいました。デパスは不安を和らげて、催眠作用があるいい薬ですが、病院にかからないと入手不可能な薬となってしまったのです。

不安時の頓服として出されることも多いのですが、本当に不安で辛い時には病院に行く元気もない、仕事が忙しいという理由で手持ちの薬がなくなるということも多かったのです。

その点で、デパスに代わる新たな抗不安剤としてバスパーという薬が開発されました。バスパーは、不安を和らげてる、また、脳内ストレス低減物質セロトニンを増加させるという効能を持つ優れた薬です。

バスパーはまた、ゆっくりと穏やかに効いていき、依存性が少ないというメリットがあります。

バスパーは、全般性不安障害という、不安が前面に出ていて、何をしていても不安、何もしていなくても不安が強いという、治療困難な疾患にターゲットを向けて開発された薬で、その効き目は従来デパスが担っていた症状に効きます。

こういった漠然とした不安は、理由がなくても起こり、突然涙が出たり、不安でいてもたってもいられなくなるなど、かなり辛い症状でした。したがって、この状態の改善が可能ということで、多くの人々の期待を受けて開発されたのです。

バスパーは穏やかな薬効があり、効き目が出るまでに1、2週間かかりますが、緊張、不眠、焦燥感という精神的諸症状に効果があります。さて、バスパージェネリックとして、バスピンという薬剤があります。

バスピンは、従来の不安を抑えるという効果だけを期待するのではなく、人の気持ちを明るくさせるドーパミンやノルアドレナリンを増加させ、抗うつ効果に働きかける部分にだけ作動、うつ状態を改善するという優れた薬効があり、バスパーとその作用は変わりません。

依存性がない、また、不眠の改善にも優れているという点は従来の抗不安剤よりもかなり優れていると言えます。少量から開始して、最大限量を徐々に増やしていくという点でも、あまり薬の種類に選択肢がなかった抗不安剤よりも使用しやすいでしょう。

バスピンは個人輸入でも入手可能というところでは簡易な経路で手に入ります。デパスはその取締りが厳しくなり、個人輸入は不可能な状態になりました。

輸入業者も、また、輸入しようとして所持した場合にも厳しい罰則規定があります。その点バスピンならば、個人輸入で全く法的には問題ありません。